映画『We Love Television?』

11月3日(欽・祝)より全国ロードショー

萩本欽一・主演 土屋敏男・初監督ドキュメンタリー映画

誰も知らない、萩本欽一。

「これを、僕が亡くなった日に流して欲しい」視聴率100%男の異名を持ち、テレビ業界を牽引して来た男、萩本欽一が後世に伝える映像日誌。テレビが迷いの中にいる時代、狂気という名の熱が軌跡を起こす。

第10回したまちコメディ映画祭in台東 特別招待作品

  • ユーコーコミュニティー
  • 江戸川大学
  • 読売理工学院

田中美佐子 河本準一 
タカガキ 稲葉 友 和田彩花 瀬川 凛 / 高須光聖 猪子寿之(チームラボ) / ガダルカナル・タカ ダチョウ倶楽部(肥後克広 寺門ジモン 上島竜兵) 東野幸治 田村 淳 森三中(黒沢かずこ 大島美幸) / 西山浩司 
企画・構成・監督:土屋敏男 製作:今村 司 エグゼクティブ・プロデューサー:伊藤 響 プロデューサー:齋藤政憲 技術コーディネーター:鴇田晴海(EAT) 編集:木村恵子 監督助手:山﨑恵美子 
劇場営業:小嶋功一 宣伝プロデューサー:滝口彩香 アートディレクター:布村順一 フォトグラファー:ワタナベアニ アシスタントプロデューサー:片山暁穂 
製作:日本テレビ放送網 配給・宣伝:日活 企画協力:佐藤企画 浅井企画 よしもとクリエイティブ・エージェンシー ©2017日本テレビ放送網

Introduction - イントロダクション

萩本欽一、最初で最後のドキュメンタリー映画。 
“視聴率100%男”と、バラエティ番組業界の異端児による番組制作に密着 
時代と格闘する全ての人達に贈る映像日誌

昨今のバラエティ番組の視聴率が平均10%程度のなか、当時30%越えの番組を連発。自身の冠番組やレギュラー番組の1週間の視聴率の合計が100%を超えることから、“視聴率100%男”と呼ばれ、テレビをエンターテイメントの王様へと押し上げた立役者、萩本欽一。
一般視聴者とのからみ、司会アシスタントの誕生、ピンマイクの導入、等々…斬新なアイディアを次々と形にし、現在のバラエティ番組の基盤を作りあげたパイオニア。
本作は、アナログ放送から地上デジタル放送への切り替え期である2011年より萩本欽一の新番組制作に密着したドキュメンタリー。

監督は新番組企画の発起人であり、「電波少年」シリーズなど数々の人気番組を手がけ、バラエティ界を席捲したあの“Tプロデューサー”こと土屋敏男。実力派女優 田中美佐子と人気お笑い芸人 河本準一(次長課長)を共演に迎え、構成担当にマルチに活躍する放送作家 高須光聖、番組セット担当に今最も注目を集めるクリエイティブ集団 猪子寿之率いるチームラボが参戦。新発想の布陣で挑む番組制作の模様を記録した。膨大な映像素材に収められたのは、萩本欽一のエンターテイメントへのあくなき執念と狂気を秘めた番組制作の奥義、そしてテレビマンたちの熱意だった―。

時代と格闘するすべての人たちに贈る―夢中になれるもの、あなたにはありますか?

Cast & Staff - キャスト&スタッフ

萩本欽一

出演:萩本欽一

1941年5月7日生まれ、東京都台東区出身。
当時大型だったカメラを“一般の人にも使ってもらいたい”と小型にし、コンパクトカメラの先駆けである「ダン35」を製造したカメラ製造家を父にもつ。中学卒業後、浅草演芸劇場のデンスケ(故・大宮敏光)の門を叩いたが、「役者は当節、高校ぐらい出なくっちゃ。」と言われ、高校へ通う。高校卒業後、浅草東洋劇場の軽演劇の一座に加わり、1966年、坂上二郎と「コント55号」を結成。その後数々のテレビ番組に出演し、「スター誕生!」(NTV/1971)、「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(EX/1976)、「欽ちゃんのドンとやってみよう!」(CX/1981)、「欽ちゃんの週刊欽曜日」(TBS/1982)、「ぴったし カン・カン」(TBS/1975)等視聴率30%級の超人気番組を数々生み出した。自身の冠番組やレギュラー番組の1週間の視聴率の合計が100を超えることから“視聴率100%男”とよばれた。

COMMENT
まさか映画を作っているなんて、知らなかった。この映画、人生で納得のいかない唯一の仕事かな。でももっと面白くしたいなら、僕がコロッと逝った時に公開すればいいんだけどね(笑)

土屋敏男

企画・構成・監督:土屋敏男

1956年9月30日生まれ、静岡県静岡市出身。1979年、日本テレビ放送網(株)に入社。
ワイドショーの現場を経てバラエティ番組制作に携わるようになり、ディレクター・プロデューサーとして「欽きらリン530!!」(1988)、「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(1991)、「ウンナン世界征服宣言」(1992)、「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(1996)など数々のヒット番組を生み出す。とくにバラエティ番組にドキュメンタリーの視点を取り込んだ「進め!電波少年」シリーズ(1992~)はテレビ番組の予定調和を崩すスタイルが視聴者の心を捉え、社会現象になった。このシリーズで「Tプロデューサー」「T部長」の愛称で親しまれる。現在は日本テレビにて日テレラボシニアクリエイターとして精力的に映像コンテンツを制作。ライゾマティクスとのコラボレーションで制作したパラレルVRドラマ「ゴースト刑事 日照(にってれ)荘殺人事件」が話題を呼んでいる。

COMMENT
この映画で、僕の積年の思いが完結しました。このドキュメンタリーをテレビではなく映画にしたいと思ったのは、テレビは途中で観ることをやめることができる。でも映画は映画館に入ったら逃げられない。だから、逃げられない環境で観るものを作ってみたかったんです。僕にとって追いつきたいけど追いつけない師匠であり、常に動き続けている運動体、萩本欽一の最初で最後の貴重な映像になったと思います。

岡村靖幸

主題歌「忘らんないよ」作詞・作曲:岡村靖幸

1965年生まれ、兵庫県出身のシンガーソングライターダンサー。
数多くのアーティストの作品に作曲家として関わった後、1986年、「Out of Blue」でデビュー。ブラックミュージック、ロック、ポップス、歌謡曲等、様々な音楽のエッセンスを吸収、発展させたメロディ、アレンジは、グルーヴィーであったり、じっくり聴かせるものであったりと自由自在。加えて、青春や恋愛の機微を描いた瑞々しいワン&オンリーな歌詞が唯一無比、圧倒的な支持を得ている。多彩な楽器を一人でこなしてしまう非凡なプレイヤーでもある。プロデューサーとしても、様々なミュージシャンに関わっている。オリジナルアルバムを8枚発表。2011年にセルフカヴァーアルバム「エチケット」を2枚同時リリース。最新アルバムは 2016年発表の「幸福」。ニックネームは「岡村ちゃん」。

COMMENT
暖かいご飯と家族の団欒の場所に必ず欽ちゃんがいた。その頃、王、長島のように圧倒的なヒーローだった欽ちゃん。ネットもビデオないあの時代。どれだけテレビに救われたのだろう?

Comment - コメント

各界の著名人からコメント続々到着! ※順不同・敬称略

香取慎吾(タレント)

この映画の中には覚えておきたい言葉が多過ぎて覚えられない。もう一度観なければ。欽ちゃんの話は100集中して聞かないと1も分からない。I Love 欽ちゃん! I Love TV!!

君塚良一(脚本家・映画監督)

欽ちゃんの笑い作りは謎めいている。その執念と狂気を、「T部長」は見事にあぶり出してみせた。

水道橋博士(浅草キッド/漫才師)

テレビ番組とは消えて流れ去る運命だ。しかし、かつてのテレビの王様・欽ちゃんの今日と狂、そしてスタッフの共謀を映画に残すことで、明日から昨日を訪ねることが出来るようになる!老いることない永遠の電波少年による記録!

猪子寿之(チームラボ代表)

これは、きっと、終わらない青春ドキュメンタリー。

みうらじゅん(イラストレーターなど)

“視聴率100%の男”という、ともすれば権威濃過ぎ(ケンイ・コスギ)な肩書きと今でも戦い続けてらっしゃる欽ちゃんのロケンロール映画にグッときました!

石橋貴明(お笑い芸人)

凄かったです。 萩本さんは、だからみんな好きになっちゃうんだなと。 凄すぎます…。この世界は怪物だらけですね。

田原総一朗(ジャーナリスト)

萩本欽一さんの時間をこれほど長く確保出来たのは凄い。萩本さんを口説き落とした土屋さんの説得力とエネルギーを高くかいたい。萩本さんのテレビについて視聴者について、そして30%を取るための秘訣について、繰り返し繰り返し話すのが如何にも本音ぽくて引き込まれる。僕ならば本音を早く引き出す為に挑発したり反発したりするが、土屋さんはそういう事を一切せずにドキュメントし続ける。その忍耐強さを改めて感じた。ともかくこれまでにないスケールの大きいドキュメンタリー映画だ。

いとうせいこう(作家・クリエイター)

新しいものを創り出す人はみんな自分の論理を持っていて不可解で理不尽で圧倒的で、つまり鬼です。そういう鬼がテレビに少なくなっているのは愛の欠乏ゆえでは?と土屋監督という鬼が訴える怪作です。

三宅恵介
(三宅デタガリ恵介「ひょうきんディレクター」)

「欽ドン」のAD時代大将(欽ちゃん)からTV作り・笑いの基本を教わったつもりでしたが…40年たってその半分も理解できてません。この映画を何回も観て勉強し直します。

天野ひろゆき(キャイ~ン/お笑い芸人)

欽ちゃんの何でここまでやれるの!?

原一男
(映画監督『ゆきゆきて、神軍』,『全身小説家』など)

「We love Television?」を拝見しました。見終わって、じわーっと涙が出てきました。続けて、ドッと大粒の涙が出て、きました。しばらくして、ほわーっと温かい感じになってきました。

菅賢治(テレビプロデューサー)

この映画は土屋敏男っていう監督がいなかったら絶対できてないと思う。ああいう大将の表情は僕も見たことない。映画で語られているのが本音中の本音なんだと思った。

和田彩花(アンジュルム/歌手)

6年経って、あらためて映画を観て、『私はすごいものに出てしまった!』と実感しました。

タカガキ(お笑い芸人)

当時の厳しいオーディションを思い出しました。欽ちゃんはいつでも何に対してもフルパワー。収録本番まで全く安心できませんでした。

みやぞん(ANZEN漫才/お笑い芸人)

大将(欽ちゃん)も同じだと思うんですけど、“人を笑顔にしたい”とそれが強くあるんじゃないかなと思いました。僕もそれを絶対に忘れないようにしようと思います。

あらぽん(ANZEN漫才/お笑い芸人)

(所属している)浅井企画には、大将(欽ちゃん)からきている“イズム”があって、何かやれと言われた時にすぐになんでもやるように言われているんです。その“イズム”のルーツがわかりました。

古立善之
(日本テレビ「世界の果てまでイッテQ」総合演出)

欽ちゃんに教えてもらったことが僕にとってはずっと“1冊だけのテレビの教科書”だったんです。その経典を土屋さんが映画で公開してしまった!本当は僕以外の人にみせたくなかったのに

齋藤精一(ライゾマティクス 代表取締役)

ヤバい先輩を久々に見た。欽ちゃんが今もなお勝つ気で闘い続けている姿を見て、負けてらんないなと強く思いました。

映画『We Love Television?』 11月3日(欽・祝)より全国ロードショー ©2017日本テレビ放送網